シムスのウエーディングブーツ

渓流釣りをする時に履いているウエーディングブーツはシムスのブーツです。夏の源流では、このブーツにネオプレーンのソックスを履いて、タイツ的なものに短パンを履いて、上は速乾性のTシャツを着て釣りをすることが多いです。水が冷たく寒くなれば下はウェーダーに変えたり、上にウェアを羽織ったりと変えています。

川でも沢周りは虫が多くいるので、なるべく肌が露出しないように心がけてます。

どこでも行けるウエーディングブーツ

シムスのウエーディングブーツ

渓流釣りでオールラウンドにどこでも行けるようなウエーディングブーツです。多摩川みたいなところから、滝を超えなくてはいけないということがない源流域ぐらいまでは、全てこのウエーディングブーツを履いていきます。沢登りなんかはこのシューズではだめですね。

スポンサードリンク

シムスのウエーディングブーツの特徴

シムスのウエーディングブーツ

このブーツは靴紐がなくダイヤル式でワイヤーをしめてフィットさせる作りなんです。ブーツのアッパーが硬いものを紐で締めるって結構無理があって、ようするにスノーボードブーツまでは硬くないけど、それに近い感覚です。グリグリってダイヤルを回していくと、簡単にしまっていくのでフィットさせるのがラクなんです。

スポンサードリンク