パタゴニアM10ジャケット

レインウェアで使っているのはパタゴニアのM10ジャケットで、3レイヤー構造です。3レイヤーって厚くてゴワゴワしているイメージがあると思うんですけど、これはとても柔らかく、また非常に軽く、パッキングも小さく嵩張らないんです。

M10ジャケットという名前の由来

パタゴニアM10ジャケット

スポンサードリンク

これはクライミング用のジャケットとして販売されているものなんです。M10ってミックスクライミングの10みたいな難易度を表す意味があるみたいです。ミックスクライミングって氷があって、そのあと岩があるみたいな難しいクライミングらしいんですが、そんなクライミングでも使えるっていうシェルだから、とても軽いんです。

軽くするために、ベンチレーションもついていなくて、ポケットもなくて、パタゴニアのフーディニと同じで胸ポケットぐらいしかついていないミニマムな作りなんです。

スポンサードリンク

この記事のタグ