夏はファーストエイドに追加『ハッカ油とプチウナコーワ』

ハッカ油とプチウナコーワ

夏になると体を刺す虫として、蚊とブヨが気になります。そこで使っているのがハッカ油とプチウナコーワです。

この2つは山に行くと必ず持ち歩くファーストエイドのように使っています。とっても小さいので、ファーストエイドのポーチの中に入れても嵩張らないし、助かってます。山小屋やキャンプとかで、泊まりってなると『虫に刺される可能性がすごく高くなるなあ』って実感があって、刺されちゃうとかゆくて寝られなかったりするので、大事な道具の1つですね。

ハッカ油の私なりの便利な使い方

ハッカ油

私の実家は北海道で、ハッカ油の生産地は北海道の北見なんですね。そういうのもあって、家族から毎回送ってもらえるんです。ハッカ油は軽くティッシュにつけたり、直に手や指につけたりしていて、虫除けスプレー的に使ってます。ちょっと虫が多いなあと思うような場所では、液体をそのまま垂らして、テントの入り口とか、着ている服とかにも付けて虫を寄せ付けないようにしています。

スポンサードリンク

それとよくするのが手ぬぐいに垂らして日焼け対策に首に巻いて歩くんですね。首の後ろって直ぐ焼けちゃうので、手ぬぐいがガードになってくれるんです。タオル代わりにもなるし、ハッカ油を垂らせば虫除けにもなるし、それでいてとても早く乾いてくれるのですごく便利です。

薄いタオルとかだと擦れて肌が痛くなることがあるので、手ぬぐいのような柔らかさがすごく気持ちよくて好きなんです。SUPの時は頭からあごにかけて巻いて帽子をかぶって日焼け止め対策をしてますね。(笑)

 

ハッカ油

本当はハッカ油スプレーを作って振りかけてもいいのかもしれないんですけど、すごく大雑把な性格なので、原油そのものを持ち歩いちゃってるんです。外に出たときには虫除けとして使うハッカ油ですが、そのほかにも用途は様々で、私の場合はお風呂に入れてリラックスしたりしています。

スポンサードリンク