テント場に欠かせない『クレイジークリークHEX2.0』

CRAZY CREEK クレイジークリーク HEX2.0 オリジナルチェア アッシュモス

テント1泊の夏場登山のザックの総重量は、おおよそ11キロ。 宿泊数が増えれば食料や水で重さは変わるし、寒い季節になれば防寒着や雪対策のギアなどで重くなっていく。このような状況を考慮すると、ベーシックに持ち歩く道具は快適と重さを天秤にかけて選択していく事になる。

クレイジークリークのHEX2.0の良さ

今回紹介するフォールディングチェアはクレイジークリークのHEX2.0 オリジナルチェアーという商品で、614グラムと重さのインパクトがあるが、僕にとっては超重要アイテムなのだ。使い方を考えればチェア以外にテントマットやザックの背面パッドとして使うことも出来なくはないが、少しばかり頼りなさは否めない。僕はあくまでチェアとして利用している。  

スポンサードリンク

なぜフォールディングチェアが超重要アイテムなのか? それはテント生活の快適さが、僕にとって「良い登山だったか」のバロメーターになっているからだ。「良い登山」ではなく「良い登山生活」と言った方が近いかもしれない。  

クレイジークリークのHEX2.0を使った和み方

CRAZY CREEK クレイジークリーク HEX2.0 オリジナルチェア アッシュモス

休憩の時間僕は、山の景色を楽しみ、天気の移り変わりを楽しみ、無音を楽しみ、読書を楽しむ。少し肌寒い中、暖かいコーヒーを片手に、今目の前にある時の事だけを考え頭をスキッリさせる。 チェアがあるのとないのとでは、この時間の濃さが大分変わるのだ。

スポンサードリンク