ジップロック

ジップロックは家庭日用品として広く知られている商品だと思うんだけど、僕はこのジップロックの幾つかの種類について、アウトドアにおいて無くてはならないギアとして活用しているんだよね。

アウトドアユースを考えて選んだジップロック

ジップロック

ジップロックのバッグは『フリーザ―バッグ、ストックバッグ、お手軽バッグ』がそれぞれ色分けされているので種類の見分けがとっても楽ちん。その中で一番厚みが薄いものが『お手軽バッグ』。これは飴やお菓子、小物などを整理して入れておけて、持ち運びにも便利なバッグ。

次に厚みがあるもので『ストックバッグ』というのがあって、これは野菜を入れて野菜室に保存したり、常温保存や冷蔵保存をするのには非常に優れたバッグ。

スポンサードリンク

『フリーザーバッグ』は3つの中では一番厚みがあるもので、食品の冷凍保存もでき範囲が広く使える。厚手だからザックの中で破れる心配も少ないので、アウトドアではこれをメインに使ってるんだ。料理を山の上でする時に、電子レンジであらかじめ熱をいれた根菜類や、生肉、また味噌などの調味料、それらを冷凍して持ち運ぶ。そんな時には『フリーザ―バッグ』の出番。

この『フリーザ―バッグ』は、以前紹介したファーストエイドキットを入れるのにも活躍してる。密閉性が高く、中のものを濡らしづらい。Mサイズは収納した時の大きさがちょうどよいから、中の空気をおしだしてぺちゃんこにして「サッ」とザックに滑りこませることが出来る。一番厚みがあって安心。

スポンサードリンク