夏ナイフと携帯砥石撮影:亀田正人

人類の終末期を描いたマーセル・セローの小説『極北』には、元文明人が文明の残りかすを拾い集めるようにしてなんとか命をつなぐ一方で、ツングースたちがたくましく大地とともに生きている姿が登場する。

 

ツングースとは、ウデヘや満州などユーラシア東部の少数民族で、ツングース語族の人々を指す。

小説で描かれるようにロシア極東地域の少数民族の中には、ソビエト崩壊後に定住化政策を蹴飛ばして、自ら遊牧や狩猟採取に戻ったタフな人々が多い。「生活水準を過去に戻すことはできない」などと、訳知り顔で、諦観的に物質文明を肯定する意見もあるが、極東の少数民族は、そもそもその諦観が物質文明に毒されていることを示す、生き証人というわけである。

 

そんなロシア極東のタフな生き証人といっしょに旅をしたことがある。ミーシャという名で、移動住居はテント、季節移動住居はヤランガ、ストーブ類は焚き火、食料は散弾銃(間接的に)だった。
ミーシャの刃物類はふたつ。一つは車の板バネから削り出したという小さく無骨なナイフ(取っ手にチューブが巻かれていた)。もう一つは、ロシア式のノコギリ。

スポンサードリンク

小さなナイフとノコギリというセットは、私が日本の山旅で行き着いたスタイルと同じだった。ツンドラの大地で暮らす尊敬すべき野生児と刃物観が同じだったというのは嬉しかった。

 

徒歩旅行に持って行く刃物の選択というのは、そのまま、その旅のスタイルを表している。登山用ストーブを持参し、乾燥食品を食べるなら刃物の出番はない。まったくないといっていい。
登山用のストーブを持ち歩かず、焚き火ですべてを賄うならノコギリがあった方がいい。条件が良ければ焚き火を熾こすのにノコギリなどはいらないが、条件が悪くなる(雨、雪)ほどに、ノコギリの存在感は増していく。

 

木屋と山菜1撮影:亀田正人

木屋とイワナ2撮影:亀田正人

木屋とイワナ1撮影:亀田正人

乾燥食品ではなく、山で調達した食材を食べるなら、小さなナイフは必携だ。とくに魚をおいしくおろすためには、包丁とまな板(ベニヤ板)がほしい。

 

モーラコンパニオン2撮影:速見ケン

ケモノを解体するなら、包丁より刃がカーブしているナイフがよい。

スポンサードリンク