ウォルター・ウェストンが歩いた徳本峠への道

里山や低山を歩いていると峠道があって、そこにお地蔵さんが鎮座していたりするんですね。こういう場所ってガイドブックで紹介される事は少ないんだけど、でも絶対意味があると考えて調べてみるとやっぱり意味があって。

意味のある道を歩く楽しさ

お地蔵さんが鎮座

例えば『この峠道は東京から山梨に通じる道で昔は多くの商人が歩いていた』ということが解って面白いなあと感じたりするんです。そういう事を知ってて歩くとタイムスリップした気分になれるんです。

そうやって思いを馳せる感じが好きで、以前より歩きたいと思っていた徳本峠に2016年行ってきたんです。

歴史を振り返る上高地までの道のり

ウォルター・ウェストンが歩いた徳本峠への道

1933年に梓川沿いの車道が開通するまでは、島々という集落から8~10時間ぐらいかけて上高地に入っていたんですね。いまでこそ気軽にバスで行くことができますが、それまではその道を歩いて徳本峠を通って上高地まで行ってたんです。『昔の人ってどういう景色をみて歩いてたんだろうなあ』っていう素朴な疑問から好奇心がありました。

スポンサードリンク

 

ウォルター・ウェストンが歩いた徳本峠への道

ウォルター・ウェストンが歩いた徳本峠への道

ウォルター・ウェストンが明治26年に前穂高岳に登頂しているんですね。この時に案内役で地元猟師の上條嘉門次を雇って今もある集落「島々」から上高地に向かってるんです。その時と同じ道を今自分も歩いていると思うと感慨深くなります。

 

ウォルター・ウェストンが歩いた徳本峠への道

スポンサードリンク