ランとテンカラで山旅を楽しむ『マウンテンカラ部 Vol.3 ~1日目~』

マウンテンカラ

マウンテンカラ第3回全体ミーティングとなる今回は、目標としていた南アルプスの地でのマウンテンカラ。1回目の管理釣り場での修行、2回目の大自然に出てのテンカラ実践を経てようやく辿りついた南アルプスというフィールドで楽しむマウンテンカラ。

 

南アルプス北部

南アルプスといっても長野県、山梨県、静岡県と3県をまたぐ広大な山脈であり、僕たちが今回楽しむフィールドは北部の領域。

参加メンバーはナミネムくん、高橋くん、ムッチーくんと僕という4名で、初日はナミネムくんと僕、2日目から高橋くんとムッチーくんが合流するという計画。元々がトレラン、登山というフィールドで楽しんできた僕たちだから、マウンテンカラという山登りもテンカラも食事を含めたアウトドアをボーダレスに楽しもうというコンセプトの山遊びが生まれたわけで。だから当たり前のように『南アルプスはどこの山に登ろう?』という計画が織り交ぜられる。

 

広河原のテント場

初日はナミネムくんがトランスジャパンアルプスレース 2016に出場している仲間を応援したいという裏計画もあり、登山をメインとした山行。そうして2日目は広河原のテント場で後から来る高橋くんとムッチーくんと合流し広河原でテンカラ。最後は僕にとっては挑戦ともいえる山行。という登山→釣り→登山というなんとも贅沢なマウンテンカラを楽しむ計画となった。

 

広河原峠

スポンサードリンク

初日の計画はほぼナミネムくんにお任せの計画。夜行バスで広河原に到着したら早川尾根小屋経由でアサヨ峰、その後栗沢山から長衛小屋のテント場で荷物をデポ。ここまでで通常のコースタイムが9時間。更にここから仙丈ヶ岳の周遊を計画しているという。ちなみにこれを合わせると通常のコースタイムが16時間。ナミネムくんに「走るの?」と聞くと「歩くよ」という。「頃合をみて、仙丈ヶ岳までは行かないかもしれないし、釣りができるところがあれば釣りしたいしね」とお互いに無理せず楽しむ計画でスタートした。

 

広河原峠までの登山道

ナミネムくんは僕にとってみれば自分とは比べ物にならない程の体力と持久力がある第一線で活躍するランナーさん。この「歩くよ」という言葉にどれだけ救われたか。それでも『着いていく』というちょっとした挑戦を楽しみの1つに取り入れた1日目だったのである。

 

広河原のバス停にて

広河原バス停に到着すると多くの人で賑わいを見せていた。北沢峠までのバスチケットを購入する人、北岳へ登る人、彼らに背を向けるように僕らは人の気配が全くない登山道へと入っていく。「あんなに混んでいたのに、こちらは静かでマイペースに楽しめるね!」と幸先のいいスタートとなった。

スポンサードリンク