東北のトレイルの魅力を探る『七時雨山』

『まだ多くの人たちに知られていない』という地域密着性がある山で、そこで出会った地元民の人たちとのふれあいを楽しむ。そんな夢を叶えに、岩手の七時雨山でトレイルランを楽しむ山旅。

七時雨山は双耳峰(そうじほう)と呼ばれる山で、ほぼ同じ高さの2つのピークをもつ。地元では「おっぱい山」と親しまれている訳だが、Vol.1ではスタートからこの2つのピークから眺める雄大な景色までをまとめた。1日目後半のVol.2では2017年に開催される「七時雨マウンテントレイルフェス」で検討中の開拓したばかりのトレイルを走る。

 

七時雨山

南峰から不動の滝方面へと下山を開始すると落ち葉で敷き詰められたトレイルが現れる。落ち葉の下には石が転がっていたり木の根があったりと、この季節特有の危険がトレイルにはある。レースが行われる季節にはきっとこの場所は新緑に彩られ、走りやすいトレイルになっているのだろう。

スポンサードリンク

そんな事を思いながら下山をしていると。

 

七時雨山

樹林帯から抜け出し、急に視界が広がる。

 

七時雨山

ここは牧草地となっており今は牛は見当たらない。ある程度標高がある場所だから、ここまで牛が来ることは少ないのか、ただただ草原が広がりその向こうには雄大な景色が広がる。「よ〜し走るぞ〜」という掛け声と共に皆んなで草原を走り抜ける。

スポンサードリンク