利尻・礼文島

6年前に利尻富士に登ってから『また行きたいな~』とずっと思っていた利尻と礼文。そのときは礼文岳を登っただけで半日しか滞在できなかった礼文島。変化にとんだトレッキングコースがあってとても良いというのも聞いていたので、今回はゆっくり礼文島に滞在するプランにした。

 

利尻・礼文島

CASIO『FR-100』

スポンサードリンク

札幌から夜行バスで稚内へ行き、稚内からフェリーで利尻島へ。島についてそのまま、前回訪れたときに海が近くてとても気持ちの良い場所だった沓形キャンプ場へ向かった。テント場は、関西から旅をしているおじさん、青年、私達という3組だけ。上空には青空が広がり、見上げた利尻富士の山頂は雲で隠れていたけれど、とても気持ちの良い場所。とにかくのんびりの利尻島滞在がスタートした。

一緒にいった仲間とそれぞれの旅の話で盛り上がり、近くのお店で地元の人と話して発見を感じたり、温泉に行って癒されたりと、目の前の利尻富士には登らないけれど島滞在を楽しむ。そんな時間が静かに流れていった。

スポンサードリンク