危険を想定して持ち歩くファーストエイド

深い傷に使うファーストエイド

登山用ファーストエイド「傷用パッド」

傷が深くて血がなかなか止まらないような時は焦らず止血を行います。その時に使っているのが同じく瑞光メディカルのヘモスタパッドです。

これは1枚のシートになっているので傷の大きさにちょうどいいようにハサミで切って使います。不織布が吸収パッドになっているので血液の吸収をしてくれるんで、これ1枚で圧迫止血もできるんです。これも救急ばんプラスモイストと同じように、適度な湿潤状態を保ってくれるんです。また防漏シートが付いているからフィルムドレッシング材で密閉する必要がないので、ヘモスタパッドとサージカルテープもしくば包帯やネットで簡単に固定できるんです。

登山用ファーストエイド「プラスモイスト」

スポンサードリンク

怪我した場所に包帯が巻けるようであればヘモスタパッドで傷を覆った上から包帯を巻くし、それができなければ、ハイドロコロイド包帯を上から貼ります。この包帯はシワになりにくく、剥がすときも痛くない。且つ薄いから嵩張りにくく、傷の大きさに切って使えるという便利なものなんです。

切るときは角を落とすして丸くすると剥がれにくいです。それと切り込みを入れることで湾曲部にフィットしやすくなります。肘や膝に大きな傷をおった際はヘモスタパッドで圧迫止血しつつハイドロコロイド包帯を上から貼ってという使い方です。

傷はこれらのファーストエイドで賄う想定でいます。以前はガーゼ、消毒液なんかも持ち歩いてましたが、これらは今はファーストエイドからは外してます。

スポンサードリンク