最新のレイヤリングで楽しむ ヘビーデューティーな山旅『スノーキャンプ&スノーランニング VOL.1』

ヘビーデューティーな山旅
第1回:もつ鍋とお酒でまんぷくスノーキャンプ編

プロローグ

ちょうど去年の今頃にはじめて企画した、スノーキャンプメインの山旅。前回は公共交通機関を使いなるべく近いアプローチでスノーキャンプを楽しみたいということで、キャンプ道具を満載したザックを背負い雪を求めて雲取山を登った。これがあんまり楽しいものだったから「今年もやろう!」ということで、僕と高橋くんと2人で計画に励んだ。

この山旅のコンセプトは
①スノーキャンプで大好きなお酒をたらふく飲みたい
だから必然的に公共交通機関を使うことになる。

②荷物の重量は気にしない
これは公共交通機関を乗り継ぐので軽い装備を、と気にしてしまい本来楽しみたいことを我慢することになるのはやめようというもの。何を食べたいか?何を飲みたいか?どんなテントに泊まりたいか?寝心地は最上級に…なんていう楽しみたいこと、やりたいことを念頭に考えて装備を持ち歩くので、結果ヘビーデューティーな山旅となる。

 

ヘビーデューティな登山

前回のヘビーデユーティーな山旅

前回は奥多摩小屋まで飲みたいお酒、食べたい肉の塊と根菜類をザックに詰めこんで、2人のザックの総重量は50キロほどになったわけだが、そいつを背負い山に登るという苦渋の思いをした結果のテント場での山ごはんは格別であり、達成感も並々ならぬものだった。

スポンサードリンク

 

プラスαなコンセプトで楽しむ山旅

そして2回目となる今回は更にプラスαなコンセプトを追加した。
『スノーランニング』である。
前回の登山で僕自身がずっと心に持ち続けていた反省点。それはウェアのレイヤリングを上手に選択して体のドライを保ち続けることができなかったこと。この反省点をふまえたレイヤリングで雪山をハイクアップし、走れるところは走る、走れなければスピードハイクを楽しむ。ちょっと挑戦的だけど絶対に無理はしないという雪山遊びを実践するということ。これが追加コンセプトだ。

それらが楽しめるフィールドを探していると、高橋くんからLINEで
“赤城山、一昨日の大雪でモフモフの雪山!!”
というメッセージが飛んできた。そうして僕らは食べたい山ごはん、飲みたいお酒、面白いテント、抜群な防寒グッズを備えて2月のある日、豊富な雪を携えた赤城山へ向かったのである。

スポンサードリンク