赤城山の最高峰『黒檜山』で楽しむ極寒のスノーランニング編
第2回:赤城山の最高峰『黒檜山』で楽しむ極寒のスノーランニング編

早朝5時、気温は何度だろうか・・・。あまりにも暖かいこのシュラフから出たくない、でも出なくちゃアクティビティは楽しめない。帰りのバスの時間も頭に入れながら逆算したプランを遂行するならもう早々に這い出て仕度を整えなくちゃいけない時間だ。近くに置いてあるペットボトルを手に取るとカチンコチンに凍っている。

 

ペットボトルを手に取るとカチンコチン

そういえば「凍らないように水は寝袋に入れておいて!」っていわれたっけ・・・

 

綺麗な朝焼けが目に入る

ぐっと歯を食いしばって外に出ると綺麗な朝焼けが目に入る。「とりあえずスノーランから帰ってきたら直ぐにバス停にむけて出発できるように、ベースキャンプに残す荷物を整えながら準備しよう」と高橋くん。

スポンサードリンク

スノーランニングを楽しむコースプラン

この旅のプランについて「大沼の外周を走って登山口まで向かい、そこから黒檜山山頂に向かってみよう。黒檜山まで行ってみて天気や雪質、トレイルの状態から駒ケ岳まで足を伸ばすか、そのままピストンで戻ってくるか検討しよう」と提案を受けていた。ピストンの場合は往復の夏山歩きで約3時間、駒ケ岳~大洞経由で同じく夏山歩きで約4時間というのが地図上で確認した所要時間。これを雪山にすると果たして何時間で見積もるべきかを話し合ってきた。

「今回のシューズが登山靴ではなくスノーランニング用のシューズだから、ハイクアップ時に雪の状態がよくなければ引き返すようにしよう。無理は禁物ね」と念をおされた。高橋くんは今回チェーンスパイク持参で臨んでいたが僕は持ってこず。そういう状況だったから基本お互いチェーンスパイクなしの状態で『危険』と感じたら止めようという取り決めにした。これは僕が浅はかな判断だったと反省の1つに加えた。

今回僕は汗をかき過ぎず、衣服内がドライな状態をどうやって保つかというレイヤリングに出発ギリギリまで悩んでいた。低温下で発汗必至のスノーラン二ング、汗冷えを起こさないことに最大限の注意を払わなければならない。

スポンサードリンク