マウンテンハードウェア フリューイッドレースベストパック

日帰りで楽しむトレランや、ベースキャンプを張って、そこから周辺の山々へトレランやピストンで登山をするときに使っているザックはマウンテンハードウェアのフリューイッドレースベストパックです。2017年の春のモデルはアップデートされて「シングルトラックベストパック」という名称に変わってますね。

 

容量は6リッターで、行動食、水、スマホ、クレジットカードやお金類、ミニマムなレインウェア(もしくはウィンドブレーカー)、必要最低限のファーストエイド、時と場合によってお風呂セット(パックタオル、短パン、Tシャツ、靴下)ぐらいが入って、ちょうどいいくらいです。これがレースになると、内容物は全然変わってレギュレーションに沿った内容のものがちょうど入るくらいだと思います。

スポンサードリンク

 

ザックの外側にはリフレクター付きのタブがついているので、これにバンジーコードを通せば外付け機構も追加することが可能なので、もしも荷物が入りきらないときは、シェルジャケット類はバンジーコードにくくり付けることを想定しています。もともとマウンテンハードウェアのサミットロケットという20リッターの容量のものを小さくして使ってたんですが、これの重量が約340グラムなのに対してフリューイッドレースベストパックが240グラムと軽く、サミットロケットが凄く背負い心地が良かったので、同じマウンテンハードウェアのザックにしようと思って使い始めたのがきっかけです。

スポンサードリンク