吉野山の桜「布引の桜」

吉野山には古来桜が多く、シロヤマザクラを中心に約200種3万本の桜が密集しています。儚げで可憐な山桜が尾根から尾根へ、谷から谷へと山全体を埋め尽くしてゆきます。

シロヤマザクラは下・中・上・奥の4箇所に密集しており、”一目に千本見える豪華さ”という意味で「一目千本」とも言われます。下千本(しもせんぼん)、中千本(なかせんぼん)、上千本(かみせんぼん)、奥千本(おくせんぼん)と呼ばれており、例年4月初旬から末にかけて、下→中→上→奥千本と、山下から山上へ順に開花してゆくため、長く見頃が楽しめます。

 

吉野山の桜「下千本夜桜」

夜はライトアップを行い、昼間とは異なる神秘的なお花見が楽しめます。

スポンサードリンク

 

吉野山の桜「竹林院天人桜」

吉野山の桜「吉野朝宮跡」

山全体が世界遺産として登録された吉野山は、雄大な大自然と世界遺産の建造物を徒歩でまわることも可能です。次のページにある吉野山全体(下千本~上千本)の山歩き用の地図をチェックしてみて、世界遺産を楽しみ、桜を楽しむ旅をしてみるのは如何でしょう?

スポンサードリンク