カシオのアクティビティアプリ

スマートウォッチ カシオプロトレック

カシオのアクティビティアプリを使えば更に楽しさが増すこと間違いなし。アクティビティの種類を選択して、スタートすると開始から終了までを計測し結果を地図上の移動経路やデータ一覧(活動時間や移動距離など)を表示してくれる。

 

スマートウォッチ カシオプロトレック

フィッシングを選択してスタートすると、活動時間と釣果、移動距離が計測される。釣れたら魚のアイコンをタップすることで、釣れた時間、気圧の状態を確かめられると共に、地図上に釣れたポイントを指し示してくれる。

 

スマートウォッチ カシオプロトレック地図

メモリー機能として楽しめるのはもちろんだが、どこで釣れたかを記録として留めておくことで、次に同じポイントに出かけるときにこれらの情報が大きく活かされるだろう。地図における機能はこれ以外にもある。

 

スマートウォッチ カシオプロトレック

スポンサードリンク

そもそもGPS衛星からの位置情報をもとに、現在地をフルカラーの高精細な地図として表示できるというのが『CASIO PRO TREK WSD-F20』の特徴の1つでもあるのだが、オフライン利用も可能なのである。これはオンライン状態の時に、事前に向かう予定のフィールドを表示させてダウンロードをしておくだけ。実際、山の中で電波が通わない時にダウンロードしておいた地図を表示すれば、その地図の上に現在地情報を確認することができるのである。

 

スマートウォッチ カシオプロトレック地図

そして面白いのは地図上にお気に入りの場所をマークすることができ、さらに声でメモをすることもできる。これを渓流釣りに応用すると、例えば渓に入るポイントをマークしておいたり、迷い易い場所には声でメモも残しておくこともできる。

「前回は左側の獣道を登って行って渓に辿り着くことができたが、このルートは晴天のみの活用とすべし。途中の岩盤は雨天時は絶対さけるべき」

こんなメモを残しておけば冗談抜きで死を回避することだって出来るのである。

 

スマートウォッチ カシオプロトレック

スマートウォッチという特性上、限界がないのが面白い。既に定められた機能の中で便利に使うというのが通常の時計であるならば、『CASIO PRO TREK WSD-F20』はフィッシングに関わらず、アクティビティで掛け合わせれば幾通りもの楽しみ方が模索できる。カシオプロトレックのFacebookページでは更に便利な使い方が新着情報として届けられているので、チェックしてみてはいかがだろう?

スポンサードリンク