辺境写真家という肩書きで活動する私は、文字通り各国・各地の辺境で撮影を行なっている。
辺境の地は、得てして過酷な環境である。森林であったり、標高4000mを超える高地であったり、はたまた熱帯の地であったり、気温-30°Cの極寒の地であったりと。
そんな中で最も辛いのが寒さである。

 

ソレルの定番スノーブーツ「カリブー」

寒さは足元から。
体の中で最も下部に有り、冷えた地面と直接接する足。「頭寒足熱」という言葉があるように、心臓から最も離れた足を寒さから守ることで、体全体の冷えを防ぐことができる。
そこで登場するのがスノーブーツである。
私はソレルの定番スノーブーツ「カリブー」を愛用している。

スポンサードリンク

ソレルは、今でこそコロンビアグループであるが、元々は1962年カナダにて創業した老舗のスノーブーツブランド。その品質には定評がある。カリブーはその中でも創業当時からあまり形を変えずにある名作である。
風景撮影の場合、光の状態などが理想的になるのを、動かずにひたすら待つことが多い。それは何時間に及ぶことはザラにある。-30°Cの極寒の状況であれば、それは非常に厳しいものがある。しかし、カリブーの使用限界温度は-40°Cであり、ウールのソックスを組み合わせることで、-30°Cでも何とか耐えることができる。
よって、冬のチベットなどでは、このカリブーが欠かせないのである。

スポンサードリンク