マウンテンカラ

今年もいよいよ渓流釣りを楽しめる月がやってきた!と思ったのは既に過去の話。渓流解禁の多くは4月1日から。マウンテンカラメンバーは各々それぞれでマウンテンカラを楽しんでいたわけだが、メンバーが集まって出かけることが出来たのは解禁から数週間経過したのち。

どこに行こうかと思案しつつも僕らに与えられた日程は2日間。できるだけ釣りとランを楽しめる時間を確保したいという共通した思いから、近場×釣果期待を加味して向かった先は奥多摩方面。

奥多摩駅で待ち合わせした僕らはこの時期大混雑のバスに乗り込んで、奥へ奥へと距離を伸ばしていく。

今回のコンセプトは“お酒も食事も楽しもう!”というもので僕はてっきり、肉やらソーセージやらお酒のおつまみになる食材をじゃんじゃんザックに詰め込んで行こうと思っていたんだけど、高橋くんからピシャリ!
『マウンテンカラなんだから、ここは最低限に釣りあげた魚をタンパク源としていただくんだから、持ち込むのはお酒と調味料、野菜程度に留めようよ。』というストイックな提案が飛んできた。

 

奥多摩道の駅

スポンサードリンク

『この甘えを堪えてこそ釣果の期待も膨らみ、釣りに集中できるもんなんだ』と合点した僕は、ザックにお酒と調味料、そして米のみを拵えて奥多摩に向かった。野菜はせっかくだから地元にある道の駅などで調達しようということになり、テン場に向かう前に野菜調達に励んだ。

 

奥多摩のイワナ

道を歩くと目に飛び込んでくるのはヤマメやイワナを想起させる文字や絵柄。普段歩いていればなんてことのない景色でも心変われば興奮を掻き立てられる材料になるのはおもしろいもんだ。

スポンサードリンク