ザ・ノース・フェイス テックペーパーウォレット

登山でもトレランでも山に入るときに必ず持ち歩くものにお金やカードがあるんですが、いつもジップ付きのビニール袋などに入れて持ち運んでたんです。軽くて嵩張らないのはいいんですが、例えば小銭がザックのポケットの中で出てしまっていたり、カードが出しづらかったりと色々ストレスがあったんです。そんな使いづらさを解消してくれる何かいいミニマムな財布がないかと探してました。そこで出会ったのがザ・ノース・フェイスのテックペーパーウォレットです。

 

ザ・ノース・フェイス テックペーパーウォレット

一番大事にしたかったのはコンパクトでシンプルであることです。そこで僕が重視したところは1つに『サイズ』です。

ザ・ノース・フェイス テックペーパーウォレットのベストなサイズ

サイズでいうと、男性の手のひらサイズぐらいで、お札を半分に折ったサイズをちょっと大きくしたくらいです。だから、お札は半分に折って入れるとちょうど良くって、余分な空白がうまれないという按排です。クレジットカードは財布の中の幾つかの仕切りにちょうど収まって、あとは小銭を入れてというような使い方なので、厚みも薄く、必要最低限のベストな大きさで持ち運べます。

スポンサードリンク

 

ザ・ノース・フェイス テックペーパーウォレット

山に行くときのカードって、公共手段で移動する僕の場合はsuicaが付いたクレジットと、念のために保険証ぐらいで、あとはお札だけだと財布は極薄です。買い物も極力小銭が出ないようにするので、クレジットカードで済ませるんですが、日常からこの薄さを保つために必要のないものは家に置いておくようにしています。だから普段使いでいうと、例えば仕事でランチに行く時でもポケットに財布を入れて移動しても嵩張らず歩きやすいとか、祝日に出かけるときも小さなポシェット1つにスマホと財布というように、少ない荷物で移動できるのは、モノに囚われていない気持ち良さがあって清々しいんです。

入れるものが限られたサイズの財布を持ち歩けば、その中で何が必要かを探る。イコール必要なものは持ち歩かない。イコール必要ないものは貰わないし、作らないし、捨てるというような心がけが生まれます。

次に重視したのはシンプルな作りということです。

スポンサードリンク