マウンテンカラ

2017年夏の陣。この年のマウンテンカラは王滝村に向かうこととなった。王滝村は実にアウトドアフィールドが豊富なエリアで、走る、登る、釣りをするといったアクティビティを思う存分楽しめるエリアだ。

 

王滝村 テンカラ

王滝村からすぐ北には御嶽山があり、東に向かうと木曽駒ヶ岳と山あそびを楽しめる。また、木曽谷といって、王滝村は木曽川上流の流域にあたり、多くの渓流がアクセスしやすい場所にある。だからテンカラ、フライフィッシングを楽しめるフィールドとしては魅惑の地というわけだ。

王滝村の渓流に足を運ぶとわかると思うのだけど、とにかく水の透明度には驚かされる。そして木々の美しさ、森の美しさには目を見張るものがあり、マウンテンカラを楽しむ間、僕らはよく『日本の山って素晴らしいね』と、景色と会話を楽しんでいた。

 

御嶽山 トレイルランニング

今回のマウンテンカラを楽しむメンバーは高橋くん、ナミネムくん。そしてスペシャルゲスト的にトレランと夜の宴会に合流した大瀬くん。

大瀬くんは現在王滝村で地域おこし協力隊という肩書で、このエリアの魅力をアウトドアという視点で掘り起し、全国に発信している。

スポンサードリンク

皆の予定より前に、僕一人は余暇が2日ほど多く使えたので、木曽駒ヶ岳に向かうことにした。ファストパッキングで中央アルプスを楽しみ、下山したその足で皆と合流する計画。

 

木曽駒ヶ岳 中央アルプス ロープウェイ

急遽決まった木曽駒ヶ岳のファストパッキング計画。色々調べてみると高速バスは既に満席。電車で行くとなるとどれだけ早くとも木曽駒ヶ岳の登山口に到着するのは11時頃となる。こうなると問題となるのは宿泊場所。11時から登山を開始しても頂上山荘のテント場に到着する時刻が18-19時の見込みとなる。初めて入る山域だったこともあり、ここは安全をみてロープウェイを利用することにした。

ロープウェイは思ったほど人も少なく、あまり並ばずに乗ることができた。ロープウェイを利用することで、これからの長い山あそびの為の体力温存ができたのはありがたかった。

スポンサードリンク