マウンテンカラ

木曽駒ヶ岳のファストパッキングを終えて早々に寝静まった僕。夜中にポツポツとテントを叩く雨音が気になったものの、起きた時にはすっかり止んでいた。胸をなで下ろしそそくさと荷物を片付け終えると、早々に木曽福島駅に向かう。

 

木曽駒ヶ岳 中央アルプス

マップ上ではテント場から駅まで、おおよそ7.5時間。10時に待ち合わせなので、4時出発となると約6時間で下山したい。今までのファストパッキングでの時間で考えたら余裕は十分にあったものの、初めての登山道。気を緩めずに下山を開始する。

 

暗闇の中ヘッドライトの明かりを頼りに歩いていると、少しづつ夜が明けてくる。日が昇ると朝日が山肌や岩にあたり幻想的な景色を生み出してくれる。

 

このあたりの山域は樹林帯も非常に美しく、小鳥の声が森の中に響く空間は非常に幻想的だ。

スポンサードリンク

こうして木曽福島駅に1時間前に到着した僕は、朝から何も食べていなかったので、駅近くにあるイオンで腹ごしらえしながら東京からやって来る高橋くん、王滝村から迎えに来てくれる大瀬くんを待つ。久しぶりの街、食べたいものが手にはいる贅沢。晴天の中もの思いにふける。そんなこんなで2人と合流した僕は、一路御嶽山の登山口へ。

 

御嶽山といえば、まだ記憶に新しい噴火災害が2014年にあった。先日8月22日には、噴火が起こってからはじめて警戒レベルが引き下げられ、レベル2(火口周辺規制)から、一番低い1(活火山であることに留意)になった。僕たちが向かったのはその前だから、これから紹介する内容と現在とでは情報が異なっているかもしれない事は注意して頂けると幸いだ。

 

御嶽山 トレイルランニング

トップトレイルランナーとしても有名な大瀬くんは王滝村で地域おこし協力隊をしている。周辺の山々に足を運ぶことも多いそうで、話を聞いてみると新たな発見が多くあった。

今回のルートはそんな大瀬くんからの提案で、黒沢口登山道から御嶽山に入る。王滝村から入る王滝口登山道からだと九合目避難小屋までとなり、その先は行き止まり。御嶽山の北側に位置する三ノ池までは足を運べない。

スポンサードリンク