スノーピーク チタンシングルマグ 450 クッカーセット

今回はファストパッキング装備の中から、僕が愛用しているクッカーを紹介したいと思います。

ファストパッキング装備の検討

ファストパッキングの装備を検討する場合は、その山行に適した、自分にとって使いやすいザックというのがまずあって、その容量から逆算して装備を検討していく事が多いです。そうすると重要になってくるのは嵩です。「このザックに収めたい」というところから嵩をおさえていく、嵩を抑えることができたら、次に軽量化を図っていきます。

ファストパッキング用のザック

ファストパッキング用に使うザックで、例えば25リッターぐらいのものでも、水まで含めると6、7キロにはなります。普通に背負って歩くだけならいいんですが、それで山を長時間走っていると肩に食い込んで結構気持ち悪くなってくるんで、軽いに越したことはないです。 この軽量化や嵩を抑える際の装備選びが、それぞれの個性が出るところだと思います。

ファストパッキングで使うクッカー

スノーピーク チタンシングルマグ 450

スポンサードリンク

僕が使っているクッカーは「スノーピークチタンシングルマグ450」です。 これはあくまでカップなんですが、ファストパッキングで装備を軽くする人の中では、これはクッカーになっちゃうんです。あくまでもフリーズドライ等をもどすための湯沸しがメインですが。

カップとして売っているものなので蓋がない。蓋は近所の日曜大工店でアルミの板を買ってきて自分で作りました。一部のブランドから径の合う蓋が出ているのでそれをシングルマグ450の蓋として使っている人もよく見かけます。

もっと軽量にこだわる人だと300ml台のシングルマグや、取っ手を取り外して使う人もいるんですが、僕はそこまで不便にはしたくないんです。
もともとガスストーブを使って、アルミの少し重めのコッヘルを使って登山をする人間だったので、そこから比べるとこの軽さは十分という気持ちです。

スノーピークのクッカーの良さ

スノーピークのチタン製品って少し厚みがあるんですよね。だからザックの中にいれてガンガンぶつかっても凹みが少ないので、そういう安心感もふくめて使っています。ブランドイメージも好きで、地場産業の活性化と信頼をもって、日本の技術をつかって作っているっていう安心感もありますね。

薄くてより軽い、そして400ml弱の容量の少ないカップもあるんですが、そこよりも450mlまでたっぷり水が入るっていうのも僕の料理スタイルに合ってます。

スポンサードリンク