自宅でできるウェアの撥水持続・復活の心がけ

ウェアの撥水復活

正しい手入れを行っていれば撥水加工が施されたウエアの撥水は落ちづらい。改めて撥水処理を自宅で行うときにも同じことが言えるけど、大事なのは洗うことです。

撥水持続・復活に大事なのは洗うこと

ウエアの撥水が効いている状態っていうのは、ウエアの表面にある、いうなれば分子レベルの撥水の粒みたいなものがそろって立っている状態なんですね。この状態なら雨の水滴は撥水の粒の上をポロポロ滑り落ちます。ここに汚れが付着すると撥水の粒がヘニャヘニャと寝てしまう。そうすると弾かずにべた~と水がくっついてきちゃう。これが撥水が効いていない現象です。(もちろん撥水加工自体が弱まることや、磨耗など生地が傷むことで撥水が落ちることもあります)

撥水持続・復活に間違った認識

ウェアの撥水復活

スポンサードリンク

この現象をみて「撥水剤が落ちちゃった」と考え撥水スプレーを上からかけるとどうなるか、汚れが付着した状態の上から撥水剤をかけるから生地に定着しない、雨がふったら一発で撥水成分が落ちちゃう。

だから洗うことが大事なんです。しっかり汚れを取り除いて、撥水の粒を立たせてあげる必要があるんです。

「山で一回着ただけだから、大して汚れてないんじゃない」と思う人がいるけど、表面が綺麗に見えても、人間の体から出ている汗には皮脂が含まれていて、その皮脂の影響で撥水力、防水力が低下する。だから着たら洗うという心がけが大事です。
僕は山で着た場合は必ず洗います。

スポンサードリンク