服部文祥
一本のナイフ。これが究極のアウトドア装備であるとよく言われる。たしかに刃物はすごい力を持った道具である。だが、歯や爪、もしくは尖った石や割った竹などで代用できなくもない(性能はかなり落ちる)。
自力では作り出せず、代用になるものも自然界にはほとんど見られないのは、どちらかと言えば『鍋』(金属製の容器)である。

ただ、鍋は本当に必要なのか?という疑問がある。実のところ鍋がないと困るのは、われわれの主食が米だからだ。米は「炊く」以外に調理の方法がほとんどない。

 


江戸時代中期に奥州マタギにインタビューした記録がある(『秋山紀行』鈴木牧之1828年取材)。
それによると、マタギの夏の仕事は鉄鍋一つとわずかな穀物をもち、100日間谷に籠ってイワナを釣り、燻製にして山向こうの温泉宿に卸すというものだと報告されている。

おそらく、竿やハリ、刃物などはあたりまえに持っているのだろうが、装備として『鍋』が強調されていた。

スポンサードリンク

秋山記行 現代語訳


シベリア抑留を報告した岩波新書の新刊『生きて帰ってきた男』(小熊英二)のなかにも「飯盒は命の糧だから、何を捨てても、みんな絶対に手放せなかった。自分が日本に帰れたときも、まだ持っていたくらいだ」とある。

生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後 (岩波新書)

煮炊きができる容器が、代用の利かない重要装備だというのは、登山を通した私の実感と同じである。

スポンサードリンク