高橋庄太郎 北アルプス テントを背中に山の旅へ

登山をする人の誰もが憧れ、人気の山塊となっている「北アルプス」。だからこそ様々な書籍が溢れる中、本書はテント泊で北アルプスを楽しむ人に向けた珍しい書籍である。

テント泊未経験者から経験者まで

テント泊での登山となると重量のある荷物を背負い山に入る事になるから、それだけのリスクも生じるし、自由度が増す分、自己責任の範囲も広くなる。だからこそ躊躇する人も多い中、本書を読む事で具体的なリスクや難易度が図れ、何より登山経験豊富な「高橋庄太郎」という人の体験を通した感想とアドバイスが書かれているから、テント泊未経験者から経験者まで幅広い人に新しい発見をもたらしてくれる内容に仕上がっている。

プロローグで解る登山計画の立て方

高橋庄太郎 北アルプス テントを背中に山の旅へ

スポンサードリンク

まずプロローグとして、テント泊で北アルプスを登山をする時に、どのような点に気を配るべきかという、「計画の立て方と考え方」がポイントで示されている。
「グループなのか、ひとりなのか?」「現実的な行動時間のこと」「水の入手方法」等々、事前に知っておく事で、安全で楽しい登山をもたらしてくれる。

北アルプスの登山ルート

高橋庄太郎 北アルプス テントを背中に山の旅へ

そして本書の核となる北アルプスの登山ルートの紹介なのだが、これが非常に面白い。

まず1つ目にコース紹介を、登山のスタイル別に紹介してくれているという点だ。
「北アルプス入門の山」「百名山最楽往復法」「大定番・長距離縦走ルート」「挑戦的長距離縦走ルート」「山頂を通らない山の旅」「北アルプス南北全踏破」と北アルプスの知識が少ない人でも、どんなスタイルで登山を楽しみたいか?という切り口でコースを探す事ができる。

スポンサードリンク