北緯66.6° ~北欧ラップランド歩き旅~

北緯66.6° ~北欧ラップランド歩き旅~

フリーランスライター森山伸也氏の体験記とも言える本書は、2008年の北欧でもっとも長い山道「北極圏トレイル」の旅、続いて2009年の「スウェーデン、サーレク国立公園」の旅、これら2年に渡る夏の旅を綴っている。

 

北欧ラップランド歩き旅への思い

「山を歩いているうちに、ひとっこひとりいない山中をキャンプ道具と食料を背負って一ヶ月も二ヶ月も野宿しながらひたすら歩いてみたい」

「人が集まるからルールができるわけで、おれが歩くフィールドはそもそも人がいないのでルールなど存在してはいけない。」

「歩きなれた日本の山ではなくて、はじめて肌で触れる自然。というのもおれにとって旅先に求める大事な要素であった。」

スポンサードリンク

このような思いから足は極地へ向き、中でも一番情報源の少ないラップランドが、彼の中でベールに包まれ魅惑的な荒野と映ったようだ。

 

森山伸也の旅のコンセプト

ラップランドへ足を向けた彼の旅のコンセプトはこのラップランドを選んだ理由で明らかになり、中身を読み進める中で生じる様々な壁をどのような思いで回避し、時には諦め、喜んだり、怒ったり、驚いたりしている様がまざまざと映し出され、想像力を膨らませる。

スポンサードリンク