僕が思う登山靴づくりって、昔はドイツやイタリアの靴職人たちが伝統的な製法で頑丈に一足一足作り上げているイメージだったけど、最近では技術も進みオートメーション的な作られ方が一般的になり、革も大量に仕入れられてスピード重視でバンバン製造してるんじゃないの?という勝手な疑い(偏見?)があった。

登山靴メーカーマインドルへ

muenchen4

でもある日、訪れたドイツ、ミュンヘンでマインドルというブランドにゆかりのある方と知り合い「高橋さん、お店でマインドルを扱っているんだから、せっかくだから行ってみない?マインドルに!」と思ってもいなかった嬉しい話をいただいた。もちろん僕の返事は「はい!!お願いします!!!」と即答。

マインドルはドイツで1683年創業の長い歴史を誇る登山靴メーカー。まえから抱いていた疑問をこの目で確かめるチャンスをもらい年甲斐もなく目をきらきらさせた僕は、まるで社会科見学にいく小学生のようにワクワクしてついていった。(笑)

スポンサードリンク

ミュンヘンから急行列車で国をまたいでオーストリアのザルツブルグへ、そしてそこからまたドイツにちょこっとだけ戻った、国境近くの町“キルハンシェーリング”にマインドルはある。

マインドル家が経営するブランド

マインドル家の長男と次男が経営するブランド“マインドル”。彼らの考えは世界中に靴を卸しているだけあって、今の登山業界に沿ったニーズを徹底しておりとても理にかなっている。フィット感のこと、防水性や吸放湿性にすぐれた素材のこと、マインドルという会社の歴史についても語ってもらった。でもそのときは特に驚きもなく、僕の心の中は「ふ~ん、まあそうだよな、、」っていう感じ。(笑)

スポンサードリンク