凛とした佇まい

まだ薄暗い中、大弛峠から金峰山頂を目指す。樹林帯の中をしばらく進んでいくと、夜が明け徐々に周りが明るくなってきた。そしてふと左手を見ると、雄大な富士が木々の間から顔を見せていた。朝早い雪が敷かれた静かな山道から一人、澄み切った富士を眺める。これ以上ない幸せだ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク