全てが抜群なシュラフ『ウエスタンマウンテニアリング サマーライト』

ウエスタンマウンテニアリング サマーライト

愛用しているシュラフはウエスタンマウンテニアリングのサマーライトで、一時期化繊シュラフを愛用していた時期もあったんですけど、やっぱりダウンっていいなあって思ってこちらを愛用してます。ウエスタンマウンテニアリングは本物のダウンという使い心地があって復元率とか、ふんわり感というか、1回熱を溜めたら逃がさないから夜に暑いと思って起きる事もあるんです。こういうのって化繊はないです。

化繊シュラフとの違い

化繊の場合は基本フラットで自分の期待も超えないし期待も裏切らないというのが化繊の良さだと思ってます。大体こんなものだろうというアベレージを続けてくれるのが化繊で水に濡れてもゼロにならないし、保温性も失いづらいというのがあります。

 

ウエスタンマウンテニアリング サマーライト

スポンサードリンク

このシュラフは濡れてしまえば保温性はゼロになるかもしれないし、コールドスポットも発生するかもしれないけど、暖まり方が断然違うので頼りになります。テントの中に寝る分には結露以外ではそうそう濡れる事ってないから、そう考えるとダウンの方がいいなあと感じてます。

サマーライトの汎用性の高さ

ウエスタンマウンテニアリング サマーライト

サマーライトは使用温度域がゼロ度で春夏秋の登山で問題なく使えるし、冬でもマイナス10度ぐらいまでは工夫して使っているのでとっても汎用性が高い道具です。

寒ければ着るものに厚手のフリースやダウンを取り入れて活用したり、コクーンのマミーライナーを中に入れたり、AMKのエスケープビビィみたいなものをシュラフカバーのように追加したりでギリギリの温度域まで使ってます。

スポンサードリンク