地平線の先までトレイルは続く。

僕は足が竦み、恐れ慄いた

8月16日。山中で初めての朝を迎えた。白夜のせいでいささか寝不足気味の僕は、ウトウトしながらも街で調達した即席麺を茹で始めた。地図に目を通し、今日歩くルートを確認する。

「この河の近くにテントを張れば気持ちよさそうだ。」早速本日の寝床が決まった。

 

トレイルでは野生のトナカイが縦横無尽に駆け回っていた。トレイルでは野生のトナカイが縦横無尽に駆け回っていた。

よく晴れた1日。順調に地平線の先へ歩みを進めていく。「うわぁ!」いきなり目の前を大きな物体が横切った。その物体に続くようにさらに数体僕の前を横切っていく。

「なんだこいつら?」

スポンサードリンク

それは野生のトナカイ達の群れだった。中には大きな角を持つものもいる。初めて見た姿に僕の鼓動は一気に加速し始めた。奴らはまだ僕の存在に気がついてはいない。僕はそっと息を潜め、レンズを彼らに向けた。1枚、2枚とその静謐な姿をカメラに収めていく。

突然、群れの1頭が僕の存在に気がついた。「お前は一体何者だ?」と言わんばかに澄んだ瞳でそいつは僕を睨みつける。僕は一気に硬直した。たとえ穏やかな性格の持ち主であるトナカイ達であっても僕はその、人間より大きな肉体を持った彼らに対して恐怖を感じ、恐れ慄いた。文明を離れたこの自然界では彼らの方が僕たちよりずっと強く逞しく、そして美しいのだ。

どれほどの時間、僕は彼らと見つめ合っただろう。「お前なんかに用はないのだ。」何もなかったかのように彼らは踵を返し森の中へと消えていった。

トレイルを歩いていると数多くのトナカイの群れに遭遇する。最初は彼らが怖かった。けれどもその巨大な身体が発する生命の気配は、この広大なウィルダネスに1人存在することに対する僕の不安な気持ちをいささか和ませてくれた。

スポンサードリンク