小さな焚き火を楽しめる『エンバーリット ネイチャーストーブ』

エンバーリット ネイチャーストーブ

山に入ると直火ができないところが多いから、エンバーリットのネイチャーストーブを持っていって焚き火をするんです。そこら辺に置いてある木々を拾って火を起こすわけだからコストがかからない。アルコールもチャレンジしたけど分量を量ることが面倒で気に入らず、ガスストーブは安定してるけどガスが高いし、そんな理由でネイチャーストーブに移行していったんです。それでもシチュエーションに応じてガスは使いますが、頻度が多く欠かせないのはネイチャーストーブです。

ネイチャーストーブの面白さ

エンバーリット ネイチャーストーブ

スポンサードリンク

直火が駄目なところでもこれがあれば大丈夫。横の穴から木の枝を入れて、燃えてきたらどんどん入れて燃やしていきます。このネイチャーストーブを使うのは炭を捨てる事ができるキャンプ場だけで、登山のときはスノーピークのガスストーブが活躍します。

エンバーリットを皆で囲む楽しさ

エンバーリット ネイチャーストーブ

昔奥多摩で登山に行く時に持っていったことがあったんですけど、いる人たちに直火じゃない事をアピールしなくちゃいけなくて、それからやめてます。自転車キャンプの時は先輩が少し大きめの焚き火台を持ってきてくれるから、それを使って料理をするんですけど、そういう時のネイチャーストーブは、小さく集まってマシュマロを焼いたりするのなんかに使ってます。

スポンサードリンク