野外生活術を知る事ができる本

野外生活術

より生活の拠点をアウトドアに持ってくることで見えてくる世界。それはいったいどういうものなのか?

自然と共に生きることは先人たちにとっては当たり前の事だったが、現代人は自然を敵とみなし遮断することで、快適を手に入れた。それは本当に豊かなのだろうか?今回紹介する書籍はそういった疑問のヒントにつながる名著。自然と共に遊ぶもよし、生きるもよし、過ごすもよし。自分にあったスタイルをみつけてみませんか?

大人の男のこだわり野遊び術

大人の男のこだわり野遊び術

あの3人組が帰ってきた! 1994年に刊行された同書は、当時話題を呼びましたが、長らく絶版状態でした。 このアウトドア本の傑作を、新たにヤマケイ文庫の一冊として復刻しました。
梟(フクロウ)こと本山賢司、土竜(モグラ)こと細田充(故人)、泥鰌(どじょう)こと真木隆という、野遊びに一家言持つアウトドアのプロ中のプロが、どくどくのこだわりをもって、野遊びの極意を語り尽くします。


著者:本山賢司、細田 充、真木 隆


実践的なノウハウの数々に驚嘆するとともに、その精神性は共感を呼ぶことでしょう。すでに初版刊行から20年近い歳月が経つものの、軽妙な語り口で紡がれる文章には、ニッポンのアウトドア黎明期から関わってきた著者ならではの深みと説得力があり、いまもかわらぬ力を帯びていて、まさに日本のアウトドア本の隠れた名作といえるでしょう。巻末の「野遊び三九の訓戒」は秀逸な野遊び箴言集です。必読。


第1章 いざ、野山へ
第2章 野遊び道具
第3章 フィールド体験
第4章 焚火
第5章 酒、肴、料理
第6章 快適な夜を…… 野遊び三九の訓戒

アマゾンで購入

新装版 カントリー・キッチン

新装版 カントリー・キッチン

伝説のベストセラー自然派料理本が、30年のときを経て復活。現代だからこそ読み直したい、自然で奥深い食文化とレシピの提案。

スポンサードリンク


著者:宇土巻子(アリスファーム)著 本山 賢司イラスト


Lesson1
大地を耕す 自然の摂理/作物を栽培する

Lesson2
食物を保存する アリスの保存食作り/果物を加工する/大豆を加工する

Lesson3
乳製品・ワイン・スモーク ミルクを加工する/チーズを作る/ワインをつくる/スモーク製品

Lesson4
アリスファーム流クッキング パンを焼く/スープを作る/スパイスとインド風料理/
夏野菜を使って/豆を使って/ジャガイモを使って/レタス包みとオムレツ/
ふだんの和風料理/豆腐を使って/米を使って/おいしいサラダ/楽しいデザート

宇土巻子(うど・まきこ)
1950年、東京生まれ。東京外国語大学イタリア科卒。大学在学中、インドでパートナーの藤門弘と出会い1973年、アリスファーム設立(飛彈)。
1983年、飛彈での10年間の活動を機に北海道に移住。
現在は北海道余市郡赤井川村在住。広大な農場でベリーの栽培と加工に携わり、
田園生活を楽しんでいる。
著書に『ファブリック・ワーク』(1983年 山と渓谷社)『ハーブレシピ』『フルーツレシピ』(1993年文化出版局)、「シェーカークッキング」(1994年柴田書店)『田園の食卓』(1995年山と溪谷社)「農的生活12ヶ月」(2001年世界文化社)ほか多数。訳書に『完全版自給自足の本』(1983年 文化出版局)などがある。

アマゾンで購入

野生の食卓

野生の食卓

まだのどかさの残る30年前の鎌倉の自然を背景に、早春から夏にかけての摘み草の楽しみ、歩く喜び、手間を惜しまない日々の暮らしを生き生きと綴る。どのページにも、四季それぞれの季節の香りが満ちあふれ、読み進むにつれてほのぼのとした懐かしさに包まれます。お金や便利さに頼らず、手間そのものを楽しむ丁寧な暮らしぶりを描くエッセイ集。


著者:甘糟 幸子(アマカス サチコ)

アマゾンで購入

タープの張り方 火の熾し方 私の道具と野外生活術

タープの張り方 火の熾し方 私の道具と野外生活術

高桑信一氏の渓にまつわる愛用のモノや源流釣りのこと、昔の渓から今の渓をエッセイで綴った一冊。
タープ張り、火を熾す。 渓で過ごす夜、 そして焚き火をこよなく愛する高桑信一。 彼の渓にまつわる愛用のモノや源流釣りのこと、 昔の渓から今の渓をエッセイで綴った一冊。 あなたの野外生活のおともに。


著者:高桑 信一

アマゾンで購入

スポンサードリンク