数分で出来る『ダウンジャケット補修方法』

ダウン破れ補修

やってしまった。ガスストーブをつけたまま向こう側のものを取ろうとしたら、ダウンジャケットの袖の部分が溶けてしまい、中のダウンが出てきてしまった。

補修材料をある中で検討してみる

ダウン破れ補修

応急処置として山に行くときでも持ち歩いている、リペアキットの中から、サーマレストのマットを補修する透明のパッチを使って穴を塞いだが、見た目がイマイチ。かつパッチの周りも、溶けたことで弱ったナイロン生地が露出していて、より穴が広がる可能性もあり、今回補修を施したいと思う。

ダウンジャケットの補修で必要なもの

ダウン破れ補修

用意したものは、ケニヨンのリペアテープのリップストップ織りブラックと、ウェットティッシュ、ハサミ。

 

ダウン破れ補修

まずはダウンの破れた、今回補修を行う箇所をウェットテッシュを使って汚れを拭き取る。その後しっかりと乾かす。

 

ダウン破れ補修

貼る箇所は、ダウンの破れた場所以外にも、溶けて生地の強度が落ちている部分含めて、広範囲で補修を行おうと思う。大きさを見定めて、ケニヨンのリペアテープをちょうど良い大きさに切る。

スポンサードリンク

 

ダウン破れ補修

切ったら見合った大きさにあっているか?重ねて確かめてみる。

ちょっとした施しで補修をより良く

ダウン破れ補修

今回ケニヨンのリペアテープは神保町のさかいやスポーツで購入し、張り方を教えてもらった。その際に「角がとんがったままだと剥がれやすいので、角を丸く切って貼るように」と伝授してもらった。ハサミで角を丸く切って後は貼るだけ。

 

ダウン破れ補修

あまり強く伸ばすと破れた部分が広がってしまいそうなので、程よく貼る部分にシワが残らないようにして手と足を使って補強する部分を伸ばす。

 

ダウン破れ補修

そうしてリペアテープをペタと張って終了。色と生地質が異なるため張った部分が目立ってしまったけど、まあ良しとする。リップストップ織り以外にも、平織りのリペアテープがあり、また色も多岐に渡ってあるので、ナイロン製品の破れを自分で対応するには簡単で楽な方法の1つだと思う。

スポンサードリンク