日帰り登山のバックパック『パタゴニア アセンジョニスト』

パタゴニアのバックパック「アセンジョニスト」

現在メインで使っているバックパックは、35l、55l、58l、75lの4つで、日帰りで使っているのは35lの「パタゴニア アセンジョニスト」というバックパックです。このバックパックはクライミング用なんですけど、シンプルで必要最低限の機能のみに絞られているシンプルな作りなところが気に入ってます。大きなバックパックは55l、75lはオスプレー、58lはグレゴリーというラインナップになってます。

幾つかのバックパックで登山を楽しむ

55lのオスプレーのバックパックが古くなって、65lが欲しいなと思って買ったんですが、間違って58lを買ってしまったんです。それでもグレゴリーの58lは2泊~3泊ぐらいまでの山旅では使っていて、この容量に収まるように気をつけて荷物を選定しています。75lを使うのはテント、寝袋、食材を1人で持ち歩くような登山の時に出番が回ってきて、友人と一緒に行く登山で、例えばテントを皆で分けて持っていったりする時は58lで収めます。これで平均18キロぐらいですね。

スポンサードリンク

 

パタゴニアのバックパック「アセンジョニスト」

日帰りで35lの容量は大きいんですけど、私の場合、仲間にご飯をもてなすことが多いので、食材を入れてちょうどいい大きさなんです。こういう食事メインの登山を楽しんでいたら、ちょっとした噂みたいになって、ほかの仲間から「今度作ってよ」というような流れで、一緒に山にいく仲間が増えてます。

スポンサードリンク

この記事のタグ