LEKI トレッキングポール

LEKIのMAKALUというトレッキングポールを28歳ぐらいのときに買って、今まで約15年間ずっと使ってます。若い時にニュージーランドでトランピング(トレッキングの事で、ニュージランドでの呼称)のガイドをしていたときのポールは、サスペンションがあるモデルだったんだけど、そのポールは沢を渡渉している時に流されちゃって、改めて買いなおす事になって今のを選んだんです。流されてしまったポールはサスペンションがあることで短くならなかったので、買い換えるトレッキングポールは短くなるものと考えて選びました。

スクリュー式のトレッキングポール

LEKI トレッキングポール

その後もこのトレッキングポールには歴史があって、もち手部分、真ん中、先と3つのポールをスクリュー式でロックをかけて適度な長さに調整して使うタイプなんですけど、バックカントリースキーを楽しんでいる時に、スクリューのロックが甘かった為か、先だけ落っことしちゃったんです。だけどまた違うものをペアで買い換える気になれなくて、同じモデルのものを探し歩いて、1本だけ買い足したんです。だから今使っているのは、先だけ追加していて、真ん中、持ち手部分を無くしたり、壊れてしまっても交換が1回できるんです。

スポンサードリンク

トレッキングポールの歴史

LEKI トレッキングポール

当時は外側からとめるLEKIでいうスーパーロック式のトレッキングポールはなかったんです。バックカントリーでの使用だと、トレッキングポールの連結部分が凍ってしまって、スクリューが回らなくなることがあるから、今のものより良いトレッキングポールがあるのかもしれないけど、長く愛用し続けている道具を使い続けていきたい気持ちが勝っているので、このままでいいと思ってます。

スポンサードリンク