調光レンズだからつけっぱなし『オークリーのサングラス』

オークリーの調光レンズサングランス

調光レンズサングラスの優れた点

オークリーのサングランスで調光レンズを採用したものなんです。通常のサングラスのレンズは、基本的に透過率といって明るさが一定なんですけど、これは紫外線量によってレンズの明るさ(透過率)が変動するレンズなんです。外の日射しが強い時には暗くなり(透過率が低くなり)、曇ったり暗い場所にいると明るくなる(透過率が高くなる)という優れものです。

調光レンズサングラスを使って登山

オークリーの調光レンズサングランス

森林を歩いていると、小枝などにぶつかって目が危ないという環境にあると思うんです。でもサングランスをかけていると前がよく見えない。でも調光レンズだと樹林帯のような紫外線が弱いところであれば透明に近い状態になってくれるんですね。だから目をガードしてくれる。要は森林の中でも稜線に出ても、ずっとつけっ放しでいられるんです。

スポンサードリンク

 

立山で雪盲

薄曇りの中ではそれに応じてレンズの明るさが変わるし、ピーカンであればレンズは真っ黒になったりと環境の変化に応じてカメレオンのように変わってくれるから、幾つもサングランスを持たなくていいし、付けたり外したりという面倒もないんですね。

急に暗くなったり、明るくなったりして、レンズもそれに応じてパッと変わるわけじゃないけど、そういうシチュエーションってそんなにないと思うんですね。だから稜線に出て徐々にレンズの色が変化していく、待っていれば徐々に黒くなっていくという具合です。

スポンサードリンク