パイネ(paine)のバックパック「ガッシャブルム80」

石井スポーツのオリジナルブランドの「パイネ(PAINE)」はめちゃくちゃ軽くてシンプルなんです。フレームが付いていない布生地とテープだけで作られているから、山行中に破れてしまっても縫うだけでちゃんと直せるんです。

パイネ ガッシャブルム80がいい理由

パイネ(paine)のバックパック「ガッシャブルム80」

パーツもすごくシンプルなので、すぐに取り替えられるし、糸を使えばおおよその修繕は出来ちゃうんです。学生の頃に糸で治す技術は学ばせてもらって、山の中でのリスクを出来るだけ軽減させる為にもシンプルな道具というのは1つ大きな基準でした。

 

パイネ(paine)のバックパック「ガッシャブルム80」

これはパイネのガッシャブルム80という型番で、80リッターの容量を詰め込むことができるんですが、伸ばすと100リットルは入ります。明治大学山岳部のメンバーは、とにかく荷物が沢山入るガッシャを皆が使っています。

スポンサードリンク

パイネ ガッシャブルムで背負う荷物

293283_179327042139533_371414_n

大学で登山に行くとなるとそれぞれ皆5,60キロの荷物を背負うんです。それに耐えられる、そして荷物が入るバックパックってなると限られてきて、昔はキスリングっていう現在主流のヨーロッパから輸入された縦長のバックパックが登場する以前に使われていた横長のバックパックがあって、それを使っていたんです。

 

ヤブ漕ぎ

どちらもメリット、デメリットがあって、横長のバックパックは狭いところに入って行きづらいとか、横に重心が広がって歩きにくいとか、問題もあったので段々とこれらが解消された縦長のバックパックが使われるようになってきたんです。

スポンサードリンク