百尋の滝 子供とハイキング

小学生3年生になった息子と息子の友達3人、合計4人の少年とそのお父さんで向かった先は奥多摩にある百尋の滝。トレーニングの為によく足を運んでいた川苔山へ向かう途中にあるこの滝は、滝までのゆったりとした渓流含め「子供を連れてきたら楽しいだろうなあ」と考えていたところだ。

今回はハイキングに興味のありそうなパパに声をかけて4家族、合計8人でそんな渓流&滝に癒しを求めて出かけた。

スポンサードリンク

奥多摩百尋の滝へ向かう子供たち

百尋の滝 子供とハイキング
百尋の滝 子供とハイキング

朝6時に待ち合わせをし、新宿から乗り換えなしで直接奥多摩に到着してくれる「ホリデー快速おくたま」に乗り込む。早起きにも関わらず「友達と一緒」というだけで少年たちの目は活き活きしていた。その後奥多摩駅からバスにゆられて約20分で川乗橋に到着。

ハイキングの半分は舗装された林道を歩く。周りに覆う木々や、川のせせらぎを楽しむ大人に対して子供は「川、まだあ?」「つまんない」と文句を言う。パパ達は「カメラ勝負だ」とか「虫探しだ」とか色々提案しながらゆっくりと奥へと進む。

スポンサードリンク