フライフィッシングのセット

フライマンっていうと、ベストを着て色々な道具をポケットにいれた状態で釣りをするんです。持ち歩くこれらのセットには1つ1つちゃんと機能と目的があって、今日はその紹介をしてみたいと思います。

フライフィッシングで使う糸

フライフィッシング 糸 リーダー ティペット ライン 

まずは糸。
フライフィッシングの糸には、まずラインがあって、ラインの動きをティペットに効率よく伝えるためのテーパー形状のリーダーがあって、その先にティペットっていうフライを直接結びつける細い糸があるんです。

リーダーとティペットには太さがあって、よりシビアな魚を釣るときには細い糸を使うというような考え方です。魚はフライと糸がつながっているのを見破るんです。「これはエサじゃない」って。だからより細い糸を使って、よりエサっぽくみせる技術が必要になってくるんです。

スポンサードリンク

 

釣りの写真

フライだけが水面にあって、糸は浮いている状態を保つのは非常に難しいので、餌になるフライがまるで上流から自然に流れてきたようにラインをコントロールして“ドラグ・フリー”になるようフライを流す技術が必要になります。

渓流でその人のキャスティングの腕前を見るならフライを着水させる位置よりも、いかに川の流れで引っ張られないようにラインの位置を調整できるか(これをメンテといいます)です。上手い人ほど頻繁にラインの位置を修正しており、1秒でも長くドラグ・フリーでフライを流します。

多少形が崩れたフライでも、自然に流れる水面に浮いた昆虫を演出できれば魚は食ってきます。

スポンサードリンク