ランとテンカラで山旅を楽しむ『マウンテンカラ部 Vol.1』

マウンテンカラ

山を歩いたり走ったりしていると、沢すじで山菜取りを楽しむ人や、渓流釣りをしている人を見かけることがある。そんな彼らのことは以前から気になっていて、その気持ちの延長で「山に泊まるときに食べるもの、特にたんぱく質で調達できたら楽しいだろうなあ~、山の恵みをありがたく頂戴したい。」なんて思うようになっていた。

中でもミニマムな道具を駆使した釣り手法「テンカラ」で沢を釣りあがりながら駆け回りたい!!という思いがふつふつと沸いていたので、ある夜のアウトドア仲間との酒席で、この気持ちを話してみたところ「いや俺もまったく同じこと思っていたよ!!」「Junくん俺もやってみたい!」「俺はもうやっているぜ!」なんて大盛り上がり!そしてその盛り上がりのまま、その場で“マウンテンカラ部”を発足させてしまったのである。

 

Flys Unidentified Anglers

スポンサードリンク

そんな僕たち“マウンテンカラ部”の最初の練習会がリヴァスポット早戸で行われた。
今回のメンバーは、僕たちの仲間であり師匠、Flys Unidentified Anglersというサイトを運営するフライフィッシャー牟田口くんをはじめ、超速ウルトラランナーの山屋くん、プロショップさかいやのバイヤー高橋くん、パタゴニアの中枢を支えるウルトラランナージローくん、すでにマウンテンカラにハマリ中のムードメーカー、ナミネムくん、そして僕。
考えたらなんだかすごいメンツだ。

お酒の席では陽気なナイスガイたちだがフィールドに出たらアウトドアに精通するプロ軍団。ドキドキわくわくしながら練習会の始まりだ!

 

リヴァスポット 早戸で楽しむマウンテンカラ

「おー!」いろいろな種類の魚がいることに驚く。料金を払ってさっそく準備にとりかかる。

スポンサードリンク