登山をもっと楽しいものに

登山には様々な楽しみ方があります。日数で考えると登山の種類には『日帰り登山』、『山小屋泊登山』、『テント泊登山』があり、そこに持っていく装備の重量の違いで『ウルトラライト』とそうでないものと大別できるかと思います。

軽い装備で登山を楽しめば、1日で歩ける距離ものびる。『限られた時間で縦走を楽しみたい』なんていうニーズにはうってつけかもしれません。ファストパッキングというのが、これに該当します。

反対に、『装備は重くても構わない。山の上で美味しい山ごはんを食べたい』なんていうニーズであれば、アルファ米やフリーズドライではなく、しっかりと食材を持っていき、それに応じてクッカーやストーブも持参する。『テントだって軽いものじゃなくて、自立式で強風に強いものを・・』と安心を重視していくと必然的に装備はウルトラライトからかけ離れていくでしょう。

大事なのは『自分がどんな登山を楽しみたいか』であり、決まったスタイルがないのが登山の面白さだと思います。

ここに日本は春夏秋冬があり、縦に長い島国であるから、必然的に多種多様な『気候』が生まれ、時期と場所で必要な登山装備が異なるのも面白いところだと思います。『登山をもっと楽しいものに』と題したこの特集では、日本という島国で楽しめる登山というアウトドアを様々な視点で解き明かしていこうという企画です。

『登山をもっと楽しいものに』コラム一覧

様々な登山靴
第1回 登山で使用するベストは登山靴なのか
登山装備、三種の神器なんて言われ方をする装備3つ、あなたはスラスラと言えますか?登山靴、ザック、レインウェアですね。…(続きをみる
登山の楽しみかたイロイロ
第2回 登山の楽しみかたイロイロ
日本の場合「登山を楽しむ」というと、目指す場所は登る山のピーク、いわゆる頂上です。どの国でも同じかというと、そこは違うようで、ロングトレイルはピークを目指すの…(続きをみる
第3回-登山で出会った大好きな景色1
第3回 登山で出会った大好きな景色『五色沼で感じる異国世界』
白根山で多く楽しむルートは菅沼登山口から弥陀ヶ池まで行って、そこから白根山に登り、五色沼を経由して弥陀ヶ池…(続きをみる
第4回-ヘビーデューティー登山編
第4回 ヘビーデューティーに登山を楽しむ ~登山編~
荷物の重さは気にせず、ワイン・シャンパン・ビール沢山、それと肉の塊りに野菜と・・・たっぷりお酒と食材を雪山…(続きをみる
第5回-ヘビーデューティー食事編
第5回 ヘビーデューティーに登山を楽しむ ~食事編~
メインディッシュともいえるローストビーフに野菜のグリル。まずは僕がチョイスした500グラムの牛モモ肉を強火で…(続きをみる
第6回-ヘビーデューティー下山編
第6回 ヘビーデューティーに登山を楽しむ ~下山編~
夜中も引き続き雪が降ったのだろう。それは前日と、うって変わった銀世界にあたりは包まれていた…(続きをみる