第2回 登山の楽しみかたイロイロ

登山を楽しむ

日本の場合「登山を楽しむ」というと、目指す場所は登る山のピーク、いわゆる頂上です。どの国でも同じかというと、そこは違うようで、ロングトレイルはピークを目指すのではなく、歩く旅というスタンスのもので、例えばロングトレイル発祥の欧米には3,000kmを超えるトレイル(アパラチアン、フットパス)などがあり、世界各国から多くの人々が訪れる人気のある山旅となっています。

 

登山ではない楽しみ、ロングトレイル

日本でも熊野古道や四国八十八ヶ所の遍路道など、「歩く旅」の文化は古くからあり、現代では自然を楽しむという目的のもと、全国各地でトレイルの整備や計画が進んでおり、有名なところでは信越トレイル(80㎞、 長野県飯山市)や高島トレイル(80㎞、滋賀県高島市)などがあります。登山というよりハイキングというほうがしっくりくるんですが面白い文化だなあと感じます。