北アルプス南部のこの山域、槍ヶ岳・穂高岳は、4月下旬の開山祭から登山シーズンが始まるといってよいだろう。しかし、山はまだまだ雪のなかで、雪山経験のある登山者の世界である。こちらでは槍ヶ岳・穂高岳の気象、動物、植物を紹介する。

槍ヶ岳・穂高岳の気象

4月24日 槍ヶ岳山荘グループinstagram

4月頃の天候は高気圧に覆われた晴れた日が続くが、高気圧が去った後、天候は崩れ、雪が降ったりして冬山に逆戻りすることもある。

5月30日 槍ヶ岳山荘グループinstagram

そして、6月の梅雨入りまでに少しずつ雪は消えてゆくが、沢筋のコースにはまだ多くの残雪がある。梅雨に入れば7月の中旬まで雨の日が多く、沢は雪解け水で増水する。

7月17日 槍ヶ岳山荘グループinstagram

夏山シーズンは梅雨明けと共に始まり、太平洋高気圧に覆われて晴天の日が続くが、午後には夕立ちと雷がやってくる。そして、朝夕は気温も下がりフリースや防寒着が必要になる。また、ガスが出やすいのもこの頃だ。

10月2日 槍ヶ岳山荘グループinstagram

お盆も過ぎれば稜線には秋の風が吹き始め、9月中旬頃の秋雨前線が、冷たい雨を降らすようになる。前線が通過した後には紅葉が始まり、秋の移動性高気圧におおわれ晴れた日が続く。10月に入れば早い年には雪が降ることもあり、山は次第に冬に近づいてゆく。そして、11月の初めには稜線の各山小屋も閉じられて長い冬を迎える。

槍ヶ岳・穂高岳の動物

10月24日 槍ヶ岳山荘グループinstagram

山に入って一番見かけるのはライチョウとイワヒバリである。夏には稜線で数羽のヒナを連れたライチョウによく出会うし、山小屋ではイワヒバリが人なつこく近づいてくる。特別天然記念物のカモシカも数が増えているようである。ほかにツキノワグマ、ニホンザル、オコジョ、キツネ、タヌキなども多く生息している。

槍ヶ岳・穂高岳の植物

10月15日 槍ヶ岳山荘グループinstagram

植物この山域では、だいたい標高2600mくらいが森林限界で、核線にかけてハイマツが一番多く、ダケカンバやシャクナゲ、ナナカマドなどが混じる。そして、草地には高山植物のお花畑が広がっている。

槍ヶ岳・穂高岳のおすすめ書籍

ソロキャンプ・焚き火

山ごはん おすすめアイテム

装備軽量化-おすすめギア

装備軽量化-テント泊ギア

ダイニーマ・アストロフォイル・X-PACギア

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • キャプリーンクール・グラフィック パタゴニア注目ウェア
    キャプリーンクール・グラフィック
    Mens Womens
  • トラッカー・ハット パタゴニア注目ウェア
    ダックビル・キャップ
    Mens Womens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • バギーズ・ショーツ5インチ パタゴニア注目ウェア
    バギーズ・ショーツ5インチ
    Mens Womens

この記事をシェアする

関連キーワード

この記事の紹介者