武州と甲州を結ぶ雁坂峠は、江戸時代には、交易路として人々の行き交う主要な峠であった。塩山の繭商人が栃本を訪れ、秩父の人々は富士山や身延山の参詣に峠を越えた。現在の雁坂トンネルが開通する以前も、山道でありながら地図には国道140号と記されていた。

ニ千メートルを越える重量感ある峠として、三伏峠、針ノ木峠とともに日本三大峠の一つに数えられている。埼玉県側のルートは、雁道場、突出峠を経るコースと、ここで紹介する黒岩尾根のコースがある。

出典:山梨観光協会

三峰口駅から雁坂峠の登山概要・難易度

  • 難易度:中級
  • 合計所要時間:4:45
  • 累積標高:908m
  • 距離:約9.4km

三峰口駅から雁坂峠の登山ルート

三峰口駅からタクシーで豆焼橋まで入る。なお往復の場合はマイカーを出会いの丘に駐車できる。豆焼橋を渡りトンネルの手前で、左に折れて林道をしばらく進むと黒岩コース登山口とあり、明瞭な登山道が始まり、すぐに二又となる。左は釣橋小屋へ至るルートであるが、踏み跡程度である。明瞭な右への道を登って行く。ブナなどの広葉樹林の中をジグザグの登りが続く。小尾根を越えるあたりアセビが目立ち、あせみ峠と記されたプレートがある。さらに登り、天然のカラマツの大木が目立つ箇所を経て、ふくろ久保の源を過ぎると、道は水晶谷側となる。ダケカンバの多い小尾根を越えると露岩混じりの急傾斜となり、桟道が現れてくる。軽い下りの後は、ひと登りで黒岩展望台の分岐だ。晴れていれば黒岩を往復するとよい。傾斜もゆるくなり主尾根上の道になれば、10分ほどで雁坂小屋の一角に達する。小屋から15分ほどで、雁坂峠へ出る。埼玉県側の鬱蒼とした森林を登ってきた者にとっては、山梨県側の明るい草原の雰囲気に接した時の驚きは何ともいえない。峠の南北でこれほど様子が違うところもめずらしい。晴れていれば昼寝などしたくなるところだが、分水嶺の為か、霧の濃い時や、強風のことなどが、意外に多い。

山梨県側へは、広瀬を示す道標に従う。山腹を明瞭なジグザグの下りが続く。ススキとクマザサの原はしだいにカラマツなどの針葉樹が増え、急な下りの後、いったん峠沢の川原に降り立つ。左岸の道になると、次第に流れから離れ、林道の終点に降りる。香切沢橋を渡り舗装路をたどれば、やがて雁坂トンネル入口にある駐車場の上に出る。林道をそのまま進めば新地平だが、鶏冠山大橋の下をくぐった後、注意して右へ下る山道を探せば、市営釣り場を経て雁坂峠入口バス停へ近道で出ることができる。バス停のすぐ西側が「道の駅」で休憩によい。(山梨市駅行のバスは「道の駅みとみ」より乗車)

なお雁坂小屋あるいは、川又の扇屋山荘に宿泊予約する者は、豆焼橋までの送迎車を頼むことができる。別コースとして突出峠経由の峠道も整備されており、途中の樺避難小屋も宿泊可能だ。

超軽量アイテム

テント泊おすすめギア

アマゾンランキング

  • ダウン パンツ
    250g:ダウン パンツ
    Amazon
  • ダウンジャケット
    174g:ダウンジャケット
    Amazon
  • ベースレイヤー
    236g:ベースレイヤー
    Amazon
  • マグマ
    マグマ
    Amazon
  • SnowPeakチタン
    50g:SnowPeakチタン
    Amazon

楽天ランキング

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • ライトウェイト・シンチラ・スナップT
    ライトウェイト・シンチラ・スナップT
    Mens Womens
  • マーニャ・フリース・パンツ
    マーニャ・フリース・パンツ
    Mens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • ナノ・パフ・ジャケット
    ナノ・パフ・ジャケット
    Mens Womens

この記事をシェアする

関連キーワード

この記事の紹介者