両神山山頂付近の分岐点には指導標がないが通行は可能。両神山より南に派生し、小森川と中津川を分ける長大な尾根は、途中の三角点ピーク梵天ノ頭の名をとり、梵天尾根と呼ばれている。尾根は広葉樹林の中を歩くことができ、小さな登り下りが多いが、和名倉山、甲武信ヶ岳など奥秩父主脈をはじめ、遠く八ヶ岳の展望に恵まれている。山頂より下山路として記す。

両神山から梵天尾根の登山概要・難易度

  • 難易度:中級
  • 合計所要時間:4:45
  • 累積標高:555m
  • 距離:約6km

両神山から梵天尾根の登山ルート

  • 両神山
    10分約0.1㎞/△11m・▽25m
  • 稜線鞍部
    70分約1.2㎞/△115m・▽339m
  • ミヨシノ岩
    15分約0.2㎞/△38m・▽55m
  • 太双里
    20分約0.6㎞/△57m・▽133m
  • 1383m
    40分約0.7㎞/△142m・▽34m
  • 梵天ノ頭
    50分約1.3㎞/△165m・▽220m
  • 白井差峠
    80分約1.9㎞/△27m・▽819m
  • 中双里
両神山

南へ下るとすぐに分岐となり、右へ梵天尾根に入る。ゆるい登り下りが続くと大笹と呼ばれる小さなピークに出る。右手狩倉尾根方面に明瞭な踏跡があり注意したい。下り始めると急になり、ヒゴノタワの鞍部を過ぎるとすぐにクサリ場に出る。登りきればミヨシ岩の岩稜で、展望が良い。ミヨシ岩を下るとテーブルとベンチのある大峠で、東の白井差への下山路はロープが張られ廃道。梵天ノ頭へは、正面の登りから始まる。展望のきかない梵天ノ頭を過ぎるとヤセ尾根もあり、しばらくは気が抜けない。石灰岩の大きな岩をぬけ小さいピークを越えるとテーブルとベンチのある白井差峠となる。峠からは、西に戻るように下るが、杉や松の植林帯の南斜面の急な下りとなる。川後岩を過ぎると、やがて中双里の集落に出て、川沿いに下り橋を渡るとバス停である。

両神山から梵天尾根の登山ルート
両神山から梵天尾根の登山ルート

ソロキャンプ・焚き火

山ごはん おすすめアイテム

装備軽量化-おすすめギア

装備軽量化-テント泊ギア

ダイニーマ・アストロフォイル・X-PACギア

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • キャプリーンクール・グラフィック パタゴニア注目ウェア
    キャプリーンクール・グラフィック
    Mens Womens
  • トラッカー・ハット パタゴニア注目ウェア
    ダックビル・キャップ
    Mens Womens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • バギーズ・ショーツ5インチ パタゴニア注目ウェア
    バギーズ・ショーツ5インチ
    Mens Womens

この記事をシェアする

この記事の紹介者