秩父御岳山の登山・難易度

木曽の御嶽山を開いた普寛上人の故郷がここ落合で、この秩父御岳山も普寛上人によって開山された歴史をもつ。秩父御岳山へは三峰口から一般的で、人も少なく静かな登山を楽しめる。山頂は1080mで初心者の日帰り登山にもおすすめの山田。

三峰口から秩父御岳山の登山ルート・難易度

場所埼玉県
必要日数日帰り登山
距離(往復ピストン)約7.7km
累積標高約446m
難易度★★☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定
三峰口駅から秩父湖行きのバスに乗り、落合で下車

三峰口駅から秩父湖行きのバスに乗り、落合で下車する。バスを降りて西に進むと信号があり、右に普寛神社入口の看板が立っている。ここで車道を右に上って行くとすぐに赤い鳥居の目立つ庵ノ沢稲荷神社の前に出る。右手の狭い橋を渡り山道に入る。沢沿いの道は、右手に小さなきよめの滝などを見ながら登って行く。数メートルの小滝の多い沢だ。春から夏などは気持ち良い。流れの中を転石伝いに歩いていくところも多く、大雨の後などは、注意を要する。右に左に渡り返しながら登って行くと、道はいつしか沢を離れ植林帯の急な登りとなる。

沢音から解放され静かな林には野鳥の声が飛び交う。分岐する林道を右に見てトンネルの上をさらに登ると、秩父市と小鹿野町との境である尾根に達する。もう頂上は近い。鎖場のある急な尾根道を進むと、ほどなく秩父御岳山頂である。

山頂は狭いが、立派な石の祠があり、周囲の眺めは良い。二子山、両神山、和名倉山などが山容を競い合っているかのようだ。

下山は杉ノ峠・強石を目指す。頂上より東へ下るとすぐにベンチのある分岐点となる。左へ下る道は三峰口駅へ至るコースである。道を右へ下ると次第に雑木林が多くなり尾根の幅も狭くなる。露岩が多く緊張するクサリ場も数箇所ある。左右は切れ落ちており慎重に歩きたい所だ。ところどころ、樹林の間から西に秩父湖や滝沢ダムの奥秩父もみじ湖が眺められる。

杉ノ峠・強石
杉の峠

途中、林道を横切るが登山道は明瞭でわかりやすい。杉の植林帯になると尾根西側には作業道が並行するが、登山道をそのまま利用する。眺めの良い送電線鉄柱下を過ぎるとほどなく杉ノ峠だ。杉の大木の下には小さな洞がある。峠から右は落合へ、左は強石へ下る。強石への道は始め山腹のゆるい下りが続く。谷沿いの急な下りの後、林道に接する地点で右へ折れると民家の上で歩きやすい車道に出る。そのまま車道をたどれば強石バス停に達するが、もしわかるようであれば近道となる山道を利用してもよい。強石から三峰口駅までは国道を歩いてもよいが、万年橋を渡り荒川の右岸をたどる道が歩きやすい。

杉ノ峠から落合へは、山道を下るとすぐに作業道をたどることになるが、「落合」を示す表示に注意すれば20分ほどで林道に降りる。この向かいから再び山道をたどり、次に林道に出たらそのまま下れば難なく落合のバス停に達する。

アマゾンおすすめランキング

パタゴニア注目ウェアすべて見る

超軽量おすすめアイテムすべて見る

楽天おすすめランキング

関連キーワード

この記事の紹介者