小仏峠のすぐ北にある標高727.1mの景信山は、高尾山から陣馬山への縦走の途中山頂を踏まれることが多いが、この山だけを目的にして展望の良い山頂でのんびり温かい弁当を広げるのも楽しい。また、山頂には茶屋があり、もてなしをしてくれる。ここでは中央本線高尾駅より小下沢の砂利窪を経て登るコースを紹介したい。

現在は2019年に通過した台風19号の影響により、未だ土砂崩れなどによる通行止め箇所がございます。

景信山の登山ルート

砂利窪コースの登山概要・難易度

  • 難易度:中級

砂利窪コース

高尾駅北口より小仏行きに乗車して大下バス停で下車し、少し戻って中央線ガード手前の自動車道を左に入る。バスを待つようなら、裏高尾の里を歩いて行く方が自然を満喫できてよい。甲州街道を西へ向かい、信号のある小名路のT字路を右折して旧甲州街道に入る。小仏関所跡を見ながら進み中央本線のガードをくぐる。ここが材木沢林道入口で、右折しすぐに中央自動車道をくぐり、下りぎみに小下沢沿いの道となる。流れに沿って曲がりながらわずかずつ登って林道ゲートに出る。

道標に導かれ小下沢を渡り砂利窪に入る。しばらく窪の左岸に付けられた道を行き、やがて右側の山腹をジグザグに登る様になる。高度を上げて、植林と天然林の境を左にゆるく登り尾根上に出る。尾根のコブをひとつ越えると、左より小仏集落からの道を合わせる。少し幅が広くなった尾根をじっくりと登れば徐々に展望が広がり景信山に出る。カヤトの山頂の南側にはベンチなど多く、展望も優れ気分のよいところである。

下山は相模湖駅に向かう。小仏峠から小尾根について下り、車道に出て右に下り、美女谷温泉からの道を合わせて底沢バス停に出る。ここから相模湖駅までは、歩いても30分ぐらいである。

小仏コースの登山概要・難易度

  • 難易度:初級

小仏コース

景信山への最短コースで、とくに展望もよくないが、わかりやすい尾根道である。

高尾駅から小仏行きのバスに乗車、終点で下車する。小仏のバス停から車道をゆっくりと登って行くと、左に宝珠禅寺という寺を見て傾斜を増し、右にヘアピンカーブをする。再び左にカーブするところが登山道の入口である。車道の急な法面に付けられた道から尾根を小さなジグザグで登って行く。アカマツ等を混じえた林の中を登って行くと、景信山から東にのびる尾根の小さな鞍部で、砂利窪からの道に合流する。

高尾・陣馬トレイルラン

最近は「高尾・陣馬」の地図の範囲でも、いくつかの山を走る大会が開かれるようになってきた。歩いているとカラフルなウェア小さなトレランザックで爽と走っていく姿を見ることが多い。高尾山から陣馬山に続く尾根は、急な登降が少ないので自然の中を走るのに最適である。ゆっくりと走ると歩くときには感じられないような爽快感がある。

しかしながらスピードが上がると危険も増してくるので、十分トレーニングして自分で対応できる範囲で楽しんでもらいたい。

ソロキャンプ・焚き火

山ごはん おすすめアイテム

装備軽量化-おすすめギア

装備軽量化-テント泊ギア

ダイニーマ・アストロフォイル・X-PACギア

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • キャプリーンクール・グラフィック パタゴニア注目ウェア
    キャプリーンクール・グラフィック
    Mens Womens
  • トラッカー・ハット パタゴニア注目ウェア
    ダックビル・キャップ
    Mens Womens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • バギーズ・ショーツ5インチ パタゴニア注目ウェア
    バギーズ・ショーツ5インチ
    Mens Womens

この記事をシェアする

この記事の紹介者