霧降高原丸山ハイキングコース

大山の牧場景色、丸山の景色を満喫できるハイキングコース。3月下旬のマンサクから始まり、4月~6月にかけてはカタクリやツツジ類など、100種類を超す種類の花が春から秋まで楽しめる。中でも6月中旬から7月にかけて咲くニッコウキスゲの群落は一見の価値があり、登山者のみならず多くの人達の癒やしの場となっている。

パタゴニア
山旅

霧降高原丸山ハイキングコースと難易度

霧降高原は赤薙山斜面に広がる標高約1200mの高原地帯をさす。高山植物の宝庫で、ニッコウキスゲの群生地として知られており、6月下旬~7月中旬には約26万株のニッコウキスゲが見ごろを迎える。霧降高原周辺のハイキングコースでは、梅雨の時期にヤマビル被害があるので注意が必要だ。今回紹介するのは、 赤薙山手前の初心者にも安心な丸山、大山の周回コース。

栃木県大山からの景色

①霧降高原駐車場P1→②小丸山展望台→③八平 ヶ原→④大山→⑤霧降牧場

場所栃木県
必要日数日帰り登山
総コースタイム※3時間40分
距離(往復ピストン)約9.4km
累積標高約836m
難易度★★☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

霧降高原丸山ハイキングコースの注意ポイント・見どころ

霧降高原バス停

霧降高原バス停(標高1340m)から県道を越えると、右手に丸山へ向かう道があり、その道を登りきると小丸山の広場に出る。めざす丸山は右方向。赤薙山方面から丸山へ向かうゆるやかなササの道に入り急坂を登れば丸山山頂だ。霧降高原や男体山などの眺めが良い。

下りは反対側の尾根へ向かう。ダケカンバや灌木の林を下ると、ササ原の広々とした八平ヶ原に着く。さらに涸沢を越えると、登りの道と出会う。左へ下り戻ったバス停前から県道を下ると大山を示す標識があり、県道をトンネルでくぐって大山へ向かう。

日光連山の展望台

雑木林の急な道を下り、戊辰の道の分岐を見送って合柄橋の沢を渡る。ズミやツツジ類の多い道を進むと明るく開けた牧場の一角に着く。牧柵を越えて広々した牧草地を登れば日光連山の展望台になっている大山頂上。

ここから霧降滝へ下ることもできる。その場合は牧場内の道から一度舗装道路へ出て、さらに牧草地を登り返すと展望の良い猫ノ平に着く。

猫ノ平からは隠れ三滝(マツクラ滝・玉簾滝・丁字滝)方面へ急降下。マツクラ滝の分岐を左へ向かう。霧降川沿いに歩き、玉簾滝を見て、霧降川に架けられた丸太橋を渡って小尾根を登る。ツツジが名所のつつじヶ丘に着けば霧降の滝入口バス停は近い。

超軽量アイテム

アマゾンランキング

  • ダウン パンツ
    250g:ダウン パンツ
    Amazon
  • ダウンジャケット
    174g:ダウンジャケット
    Amazon
  • ベースレイヤー
    236g:ベースレイヤー
    Amazon
  • マグマ
    マグマ
    Amazon
  • SnowPeakチタン
    50g:SnowPeakチタン
    Amazon

楽天ランキング

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • ライトウェイト・シンチラ・スナップT
    ライトウェイト・シンチラ・スナップT
    Mens Womens
  • マーニャ・フリース・パンツ
    マーニャ・フリース・パンツ
    Mens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • ナノ・パフ・ジャケット
    ナノ・パフ・ジャケット
    Mens Womens

この記事の紹介者