刈込湖・切込湖-日光で楽しむハイキング

刈込湖と切込湖はつながっている。三岳の噴火によってできた堰止湖で、湖通しの標高差は200mだ。起点と終点にはバス停があるため、アクセスの良さから人気が高いハイキングコースとなっている。刈込湖には砂浜があり休憩スポットとしてもおすすめだ。

パタゴニア
山旅

刈込湖・切込湖-日光で楽しむハイキングと難易度

湯元温泉のバスターミナル(標高1485m)から北側の源泉へ向かい、ジグザグに登ると金精道路へ出て、向かいが刈込湖の入口。山道へ入るとゆるやかな道が続き、石畳の急坂を上がり、右手から林道を合わせると小峠へ着く。湯ノ湖が俯瞰できるハイキングコースとなっている。

①湯元温泉 源泉→②小峠→③刈込湖→④涸沼→⑤山王峠→⑥光徳牧場

必要日数日帰り登山
総コースタイム※3時間5分
距離(往復ピストン)約7.4km
累積標高約584m
難易度★☆☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

刈込湖・切込湖-日光で楽しむハイキングの注意ポイント・見どころ

コメツガ

峠からコメツガやアスナロの原生林帯を行く。広い道を進み、階段状の道を下ると刈込湖の西端に着く。砂浜があり、ひと息入れるのによい。

刈込湖からは湖の南岸の林を通って切込湖へ向かう。一帯は原生林が深く幽そのものの風情。樹木の間から切込湖を見下ろしながらゆるやかに登り、下ると涸沼が現れる。すり鉢状の沼の跡地で、名前の通り涸れている。ベンチがある。高山植物も多く、初夏から夏にかけてズミやヤマオダマキ、クガイソウ、イブキトラノオなどの花が咲く。

奥鬼怒林道の山王峠

涸沼からは奥鬼怒林道の山王峠へ急坂道を登る。まもなく車道が現れ、右方向にある山道を、山王見晴しへ向かう。山王見晴しは広場になっていて、すぐ先で山王峠の標識を見ると、後は光徳牧場まで下り一方の道だ。急坂は少なく、ゆるやかな道がほとんどだ。カラマツとミズナラの美しい道を下って行くと光徳牧場はまもない。バス停は日光アストリアホテル前にある。

日光の登山を満喫しよう

日光の登山は自然景観の粋を集め、あらゆる地形がほどよく散在していることに魅力を感じることができるエリアだ。山、四季、地形、気象、動物…あらゆる視点で深堀りし、日光で楽しめる山と登山コースを以下の記事では紹介している。

超軽量アイテム

アマゾンランキング

  • ダウン パンツ
    250g:ダウン パンツ
    Amazon
  • ダウンジャケット
    174g:ダウンジャケット
    Amazon
  • ベースレイヤー
    236g:ベースレイヤー
    Amazon
  • マグマ
    マグマ
    Amazon
  • SnowPeakチタン
    50g:SnowPeakチタン
    Amazon

楽天ランキング

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • ライトウェイト・シンチラ・スナップT
    ライトウェイト・シンチラ・スナップT
    Mens Womens
  • マーニャ・フリース・パンツ
    マーニャ・フリース・パンツ
    Mens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • ナノ・パフ・ジャケット
    ナノ・パフ・ジャケット
    Mens Womens

この記事の紹介者