雨も楽しみ変えて登山

ワレモコウ

途中不思議な名前の植物に出くわす。その名も「ワレモコウ」。「これ最後まで覚えていた人の勝ちね」という勝負を挑みつつ、雨の中を先へ急ぐ。

 

霧ヶ峰

「どこまで歩くの~」「疲れた~」という案の定な文句が飛び交いつつ「このまま雨がひどければ戻るか」と山ちゃんと相談し、とりあえず物見石まで向かう。

 

霧ヶ峰

物見石

すると神様が微笑んでくれたのか、少しづつ雨がやみ、雲も薄くなり暖かくなってきた。雨も弱くなったので合羽を脱ぎ、物見ができない物見石でちょっと休憩。子供たちにも相談し先へ進もうという事にし蝶々深山へ。

 

霧ヶ峰

霧ヶ峰

物見石から蝶々深山までの道は緩やかで歩きやすく眺めもよく、気持ちの良いコースだった。グー・チョキ・パーの形をした小さな石を拾ってジャンケンゲームをしながらゆっくりと先へ進む。

蝶々深山までくればあとちょっとで折り返し地点。雨も小降りだったりやんだりと安定しないものの予定通りのコースで辿ってみようということになった。